フリーターに多いクレジットカード申込時の間違い

フリーターだとクレジットカードの審査に通りづらい。
それならフリーターじゃないことにすれば良いのでは?と考える人は多いですね。
クレジットカードの申込時に、フリーターではなく正社員と嘘をつくケースがあるのです。
正社員だとクレジットカードの発行はされやすいですからね。
また勤務先を一流企業にしてみたり、年収を多く書いたりするフリーターもいるようです。

しかし嘘がわかってしまうと、クレジットカードの審査には通過できません。
嘘を平気でつくなんて人間性に問題があり、信用ができないのでクレジットカードを使わせたくないと思われるのです。
今ではフリーターでも発行できるクレジットカードは多々あります。
正直にフリーターとして申込をした方が、クレジットカードの審査に通過できる可能性が高いと言えるでしょう。

なのでたとえフリーターは不利だとしても、申込時に嘘をつかないことが大切でしす。
クレジットカード会社は長年にわたり、非常にたくさんの審査を行っています。
申込時に矛盾した部分があれば、すぐに嘘だとわかります。
それに個人信用情報の確認や在籍確認を行えば、嘘を突き通せるということはないでしょう。
不利だと思う項目があっても、正直に申請をするようにしてください。