フリーターがクレジットカードを申込む注意点

でもクレジットカードを申込むことが十分に可能だということは、これまでの説明でお分かりいただけたと思います。
ですが発行できたとしても、正社員の方のクレジットカードの利用額よりも劣ってしまう場合が殆どでしょう。
これは年収を元にそう設定されているのですが、ここに注意点があります。
もし今の年収よりももっと上に書いてしまえば利用額が増えるかも、と考えた方は要注意です。
それでは自分の首を絞めてしまうことにもなるからです。

クレジット会社に嘘の情報を言ってしまうのは、絶対に避けなければなりません。
審査に通りづらいと思われるフリーターだからこそ、そこは気を付けなくてはならないのです。
こんなことをしてしまっては不信感を抱かせてしまい、この方にクレジットカードは発行しないほうがいいと思わせてしまいます。
嘘をつかずに申込んでいれば発行できたかもしれないのに、これでは台無しです。
なので絶対に嘘はつかず、本当のことだけを記して申込んでください。

他にも申込の際に記入した情報と、本人確認のために電話して聞いた時の情報が違っていてもいけません。
「間違えて記入してしまいました、本当はこっちです」と説明しても、クレジット会社が抱く印象は悪くなってしまいます。
焦ってしまう方やいい加減な方も、クレジット会社は良く思いません。
返済期日を守らないかもしれないと思うからです。
これはフリーターに限らずではありませんが、申込める幅が狭い立場にあることはちゃんと意識して申込んだほうがいいです。