フリーターでもクレジットカードは作れる

フリーターはクレジットカードが作れないと言われています。
しかし実際のところは、作れないのではありません。
「作りづらい」のです。
クレジットカード会社では、職業・雇用形態によってその人の返済能力を判断しています。
そのランクですが、一番は公務員や大企業の正社員。
これは誰が見ても安定した職業ですから、信用できるというわけです。
それから中小企業の正社員→派遣社員→契約社員→パート→フリーターという位置づけになっています。
ですからフリーターは、一番ランク的には下と見られているということになります。
クレジットカードを簡単に作りたいのならフリーターをやめて正社員になればいいということになりますが、そう簡単に雇用形態を変更できるわけではありません。

しかしフリーターでも働いており、収入が全くゼロというわけではありません。
毎月収入があるのならば、クレジットカードを作ることは可能です。
正社員ではなくフリーターでも、クレジットカードを所有している方はたくさんいるのがその証拠になるでしょう。
フリーターだからとクレジットカードを諦める必要はないのです。
フリーターでも作ることができるクレジットカードを選ぶようにすれば良いだけのことなのです。